前へ
次へ

医療費の領収証などは保管しておきましょう

医療費は確定申告の時に申告をすれば所得税の控除対象になります。
その年にいくら医療費を支払ったかは、年に一回はがきで届くので、それを税務署に持って行けば証明になります。
はがきを紛失した、または何かしらの理由で届かなかった、などの場合には病院からの領収証などが証明になります。
支払った医療費が一定額を超えると控除の対象になりますので、医療費の支払いを行った年は領収証などは保管しておくようにしましょう。
入院費や治療費などのために医療保険に加入しているばあい、その保険料も所得税の控除対象です。
こちらも医療保険の支払い証明を求められる事があるので、毎月の支払いが証明できるようにしておいてください。
医療とお金は切っても切れない関係です。
医療費は言うなれば生きていくのに必要な経費ですから、節税の意味でも、確定申告の時などにしっかり申告するようにしましょう。
医療費と税金についてわからない事がある場合、税務署に聞けば丁寧に教えてくれます。

Page Top